ソープを始め風俗店が大好きな人の体験談♪ソープでマットプレイの技に悶絶

みんな大好きソープランド

ソープでマットプレイの技に悶絶

関東方面へ出張に行くと川崎にある某風俗街のソープに行くのが大好きです。何泊かのうちの1回は仕事を早めにあがってソープに向かいます。大衆店にあたるソープもあり、地元にあるソープとは一味違うのが嬉しいところです。

前回行ってすごく可愛い子を見つけたので、出勤してるか確認すると大丈夫のようです。早速その子を指名しました。この女の子は26歳のE美ちゃん。ソープは少し年齢高めの子の方がテクニックがあっていいと聞いていましたが、E美ちゃんはまさにそんなテクニックを持った女の子です。美人系の整った顔立ちで華奢な体型ですが、女性らしい柔らかい肌は普通の女の子では到底味わえません。

早速浴室で洗い終わるとマットプレイの準備をしてもらいました。このお店では普通と同じ女性任せですが、何個か男性側からもリクエストが出来ます。前回めちゃくちゃ気持ちよかった体位で名前はかに鋏み。その時に名前を教えてもらいました。その技は膝裏で肉棒を挟んでさらに手で支えてもらってこすります。その挟み具合が絶妙な力加減でめちゃくちゃ気持ちよくて悶絶モノなんです。「これ好きな人多いんですよ」と言われて「自分の感覚は間違っていないんだ」と嬉しくなりました笑。

そんなマットプレイを楽しんだ後はベッドでまたお楽しみ。今度は僕も少しお触りさせてもらいながらE美ちゃんを攻撃します。丁寧にクンニするとじわっと濡れてきてE美ちゃんも少しずつ喘ぎ声が漏れてきます。指入れもさせてもらって出し入れするとさらにいやらしい声が聞けて大興奮でした。そして最後は仰向けで騎乗位の体勢になりフィニッシュ。E美ちゃんの技はベッドでも健在でした。

やっぱり川崎のソープは違いますね。次の出張が楽しみです。

© みんな大好きソープランド All Rights Reserved.